top-back2.jpg

m-house.jpg

かあさんの家には、生活の音と匂いがある。

暮らしと『いのち』を最期まで支えるために

子どもから大人まで〜家族であること、家族が笑顔でいることを支えたい〜

 住み慣れた地域で、なじみの人たちに囲まれて《その人らしく》人生を全うすることを望む方々の、施設でもない自宅でもないもうひとつの『居場所』
 地域に馴染んだ民家をそのまま活用して、高齢や病気のために自立した生活の維持が難しくなった方5人くらいで、ともに最期まで暮らしていく『とも暮らし』の家です。
 朝起きて、ご飯を食べ、そして安心して眠る…そんな普通の生活を取り戻すとき、ゆっくりと笑顔が戻ります。

医療も介護も生活の中にとけこんで

 医療保険や介護保険は、一人一人の状況に合わせた在宅のケアプランに沿って使われます。その方の身体状況に合わせて、かかりつけ医の往診(在宅療養支援診療所)、訪問看護ステーション、訪問歯科やその他のサービス事業所と連携して支え、望めば最期まで過ごすことができます。
 かあさんの家の介護スタッフは、暮らしのパートナーとして24時間常駐して見守り、家族に代わって生活を支えます。

老いや病を受け入れて

 老いや病、そして訪れる死を、暮らしの中で自然に受け止め、次の世代に命の輝きを手渡す「看取り」の文化を、生活の場に、地域に取り戻したいと願っています。そのために、ご家族が安心して悔いのない看取りができるように寄り添って支えます。

mh-riyousya-s.jpg
「かあさんの家」は誰のために?


かあさんの家のネットワーク

「かあさんの家」には、穏やかな毎日がある。

どんな人が利用しているの?

◯夜が心細い、不安という方が、夕食やお風呂をご一緒し、泊まって帰るナイトケアとしての利用
◯食べることは、人が人として生きる希望です。できるだけ最期まで口から食べる幸せをと願う方
◯介護者がいない人、いても体力がない、また昼間は家族が仕事などで在宅介護が困難な方、一人では病状の変化などが不安な方
◯介護する家族の休息のために、また不祝儀などの急な用事で留守をする場合など、一時的に短期間の入居(ショートステイ)などの利用
◯重度の認知症のために施設になかなか適応できない方や、医療の適切な支援が常時必要とされ、家族だけでは不安で在宅介護が困難と考えていらっしゃる方
◯最期は家で看取りたい(看取られたい)、畳の上で死にたいと家族が遠方だったり、仕事の都合だったりなどで、在宅で過ごすことの望みはかなわないと思っている方

費用は?

◆利用準備金…200,000円
◆利用料金

住まいにかかる費用 20,000〜40,000円
共益費(水道光熱費等)
15,000円/月   500円/日
食事にかかる費用 45,000円/月   1,500円/日
生活支援費(介護保険外の介護費用)
45,000円/月   1,500円/日
合 計 125,000円〜145,000円/月

短期利用(ショートステイ)の方は、1日5,500円(食費別途)
*共益費・食事等は別途消費税がかかります。
*利用料金は今後変更することがあります。

◆その他の費用
*介護保険一部負担金、往診や訪問看護の医療保険の一部負担金は別途になります。
*個別に必要な生活用品(オムツなどの衛生用品)は、自己負担となります。
*経管栄養、その他、食材の発生しない方につきましては、介助手数料をいただきます。